大事な飲み方とは | 安心して飲めるピル「メリアン」を紹介します!

大事な飲み方とは

赤いカプセルと水

ではこれからメリアンを使って避妊する際に、正しく飲んでいくための方法について紹介していきたいと思います。
メリアンというのはいろんな医薬品の中でもかなり特徴的な用法用量になっているので、必ずその方法を覚えておかなければいけません。

まずメリアンは超低用量ピルなわけですが、この場合は毎日1錠ずつ飲み続ける必要があります。
飲み始めるタイミングは、生理が始まった初日にしてください。
初めてメリアンを飲むという人は、飲み始めてから大体8日目くらいになって避妊効果を実感できるようになるでしょう。
そして次の生理周期以降もずっと飲み続ければ、2シート目の初日からさっそく避妊効果を得られます。

なお低用量ピルというのは「21日タイプ」と「28日タイプ」の2種類が存在することも覚えておいてください。
メリアンの場合は21日タイプの方が売られていますが、この2つの違いは一体なんなのか?

実は21日タイプも28日タイプも、結果的にはまったく同じ効果を得られるようになっています。
だからどちらを選んでもまったく問題ありません。
28日タイプだからといってお得ということもありませんので、もしメリアン以外のピルを使うときにこの選択肢で迷ったら、好きな方を選べばいいと思います。

では具体的な違いですが、これは要するにプラセボの有無です。
プラセボというのは偽薬のことで、ピルの持つ成分が入っていない空の錠剤になります。
つまり飲んでも意味のない錠剤です。
なぜそんなものが一緒になっているのかというと、ピルの飲み方には特徴があるからです。
毎日飲み続けるのが基本ですが、実は21日間飲んだあとは7日間の休薬期間が必要になります。
その際にプラセボを飲んでおかないと復帰するときに忘れてしまう人がいるので、忘れることを防止するためにあえて用意されているのです。