低用量とはなんなのか | 安心して飲めるピル「メリアン」を紹介します!

低用量とはなんなのか

カラフルな薬

ピルという薬には色々な種類がありますが、メリアンはその中でもかなり初心者向けの薬だといえます。
だからこそ初めてピルを使ってみようと思っている人には、メリアンを何よりもおすすめしたいところです。

ではここでメリアン以外に、一般的にどのようなピルの種類があるのかを簡単に紹介していきたいと思います。

まずピルには低用量や中用量などの種類が存在します。
メリアンの場合は超低用量ピルになりますが、一般的には低用量ピルがよく用いられています。
では低用量とはどういうことなのか?というと、要するに有効成分の量のことを指します。
また低用量ピルの場合はひとつの錠剤に含まれる黄体ホルモンの量が、0.05ミリグラム未満のピルのことをいいます。
基本的に緊急時以外の避妊や生理痛を改善したり、生理周期を安定させたりすることを目的とする場合は、必ず病院で低用量ピルが処方されるのです。

ではどうして低用量ピルばかりよく利用されるのかというと、単純に副作用の確率を下げるためです。
もし低用量じゃない場合は、血栓症だったり高血圧症などのリスクを高めてしまいます。
最初は高用量のピルが作られて、そこから中用量そして最終的には低用量へと徐々に変化していきました。

基本的に有効成分の量は多ければ多いほど強い効き目を感じることができますが、一方で重篤な副作用の発症率を上げてしまいます。
だからこそ低用量ピルが今では当たり前のように使われているわけです。
低用量といっても効き目がないわけではありませんし、避妊するためには十分な成分量になるので、たとえ超低用量ピルであるメリアンでもしっかりと避妊効果を期待することができるでしょう。